vim 導入直後に .vimrc を最低限これだけ設定しておきたい

vim を導入してもデフォルトの設定では使い勝手がいまいちなのである程度の設定をしておくと楽になる
手順さえ覚えれば自分好みに設定をカスタマイズできるのが vim のいいところなので頑張って覚えるきっかけになれば

環境

この記事の概要

vim の導入

vim のインストール

$ sudo apt-get install vim

vim のインストール先確認

$ which vim

vim のバージョン確認

$ vim --version

.vimrc を作成, .vimrc の編集

ホームディレクトリに .vimrc を作成, 編集

$ vim ~/.vimrc
"------ Encode ------"
" エンコードを utf8 に設定
set encoding=utf-8
if has('unix')
  set fileformat=unix
  set fileformats=unix,dos,mac
  set fileencoding=utf-8
  set fileencodings=utf-8,iso-2022-jp,cp932,euc-jp
  set termencoding=
elseif has('win32')
  set fileformat=dos
  set fileformats=dos,unix,mac
  set fileencoding=utf-8
  set fileencodings=iso-2022-jp,utf-8,euc-jp,cp932
  set termencoding=
endif
" ステータスラインを 2 行表示
set laststatus=2
" ステータスラインに情報を表示
set statusline=%<%f\ %m\ %r%h%w%{'['.(&fenc!=''?&fenc:&enc).']['.&ff.']'}%=\ (%v,%l)/%L%8P\


"------ keymap ------"
inoremap <C-c> <ESC>
inoremap <C-b> <left>
inoremap <C-f> <right>
inoremap <C-p> <up>
inoremap <C-n> <down>
inoremap <C-h> <BS>
inoremap <C-d> <Del>
inoremap <C-e> <END>
inoremap <C-a> <HOME>
inoremap <C-k> <ESC><RIGHT>Da
" Backspace keyの設定
set backspace=start,eol,indent
" C-g で編集しているファイルのパスを表示
nnoremap <C-g> 1<C-g>
" C-r で置換
noremap <C-r> :%s/
cnoremap <C-r> :%s/
inoremap <C-r> <ESC>:%s/
nnoremap <F5> :<C-u>edit $MYVIMRC<Enter>
nnoremap <F6> :<C-u>source $MYVIMRC<Enter>
" paste モードの切り替え
set pastetoggle=<F10>

"------ Search ------"
" インクリメンタルサーチ
set incsearch
" 検索時に大文字小文字を区別しない
set ignorecase
" 小文字で検索すると大文字と小文字を無視, 大文字が入ると ignorecase が無効になる
set smartcase
" 検索がファイル末尾まで進んだら、ファイル先頭から再び検索する
set wrapscan
" 検索結果のハイライト
set hlsearch
" EscEsc でハイライトを消す
nmap <Esc><Esc> :nohlsearch<CR><Esc>

"------ Format ------"
" 行番号を表示
set number
" コマンドモードの表示
set showcmd
" シンタックスハイライト
syntax on

.vimrc の設定を反映

$ source ~/.vimrc

まとめ

今回設定した .vimrc のまとめを箇条書き

この他にもカスタマイズしたいときは「hoge vimrc 設定」とかで検索すれば何でも出てくる
いまのところ自分がしたいことはググったら全部できてたので是非自分好みの .vimrc を作成してみたらどうでしょか